機能説明

さまざまな業務の効率化を目指して…
クオリスでは院内の様々な業務の効率化をご提案します。


診療の効率化

音声入力

医療用音声入力システムで音声によるカルテ入力を実現。 次世代音声認識システム「AmiVoice」の採用により、スピーディかつ正確な音声入力を実現。煩雑な入力作業から解放され、スムーズな診療が可能になります。

処方チェック

処方内容をチェック、
スピーディな処方せん作成を可能に。
相互作用や食物アレルギー、成分重複など、薬剤の処方内容をチェックし、スピーディな処方せん作成を可能にします。

未来カルテ登録

カルテに診療の予定を登録。 例えば、次回実施予定の検査や定期処方などを、所見テンプレートなどと共に覚書として未来カルテに登録しておくことができます。

予約機能

運用にあった予約枠の作成、管理。 施設にあった予約項目、時間枠等を設定し、予約の管理を行う事ができます。予約一覧や予約票の印刷など、基本的な機能を搭載しており、予約の状況も一目で把握できます。

文書作成

任意書式で書面を発行し、
患者様ごとに管理することができます。
院内で発行する様々な文書について、Word形式の任意の書式で登録されたテンプレートを使用して作成することができます。

遠隔操作機能

往診先など、離れた場所からカルテ記載が可能。 モバイル端末を使って、往診先などでも院内のパソコンを遠隔操作することにより、カルテの参照や入力を行う事ができます。


請求事務の効率化

オンライン請求

電子カルテ端末から直接オンライン請求対応。 クオリスは、接続が制限された専門のネットワーク(IP-VPN回線)を使用しております。高度なデータセキュリティを実現するため、検査オンラインや、リモートサポートはもちろんのこと、電子カルテ端末から直接支払基金・連合会へのオンライン請求も安全に送信していただく事が可能です。

レセプト点検ツール

レセプト点検の精度と効率の向上。 クオリスから院外処方の内容も含む電算形式のレセプトデータを受取り、自動点検。医療保険制度上の観点から、疑わしい内容に警告を出力します。


その他

お薬手帳印刷

「お薬手帳ラベル」の印刷。 クオリスから「お薬手帳ラベル」を印刷して、患者様のお薬手帳へお貼りいただけます。シールタイプのラベルにより、手帳へ貼り付ける際の手間を省きます。
※院内処方にのみ対応

検体ラベル印刷

手書きミスを防止する、「検体ラベル」自動印刷。 検体ラベルをカルテに入力された内容により自動で印刷。手書きによる手間を省き、記載ミスを防止することができます。

管理統計

より良い経営のための分析に。
診療費に関するさまざまな集計を実現。
医師別・診療科別の集計や月ごとの集計、期間を指定しての集計など、診療費に関するさまざまな集計が行え、診療所のより良い経営のための分析に役立てることができます。

SecureSeal®standard

カルテの真正性を確保する
SecureSeal®standard

クオリスは電子文書作成の真正性を証明するために、株式会社NTTデータの「SecureSeal®standardサービス」を導入しています。

■原本性証明

既存の電子文書が、作成されたもの(オリジナル)と内容が異なっていないかどうか検証し、文書の改ざんを検出します。

■時刻証明

・電子文書が「いつ」作成されたのかを証明します。

・文書作成の日付と時刻を電子文書証明センタで厳密に一元管理。カルテの作成日時を客観的に証明します。

■長期間証明

電子署名は最長5年の有効期限ですが「SecureSeal®standardサービス」では有効期限や失効が無く長期にわたって証明することができます。

■真正性認証機能

クオリスは、厚生労働省のガイドラインに対応した信頼性の高いシステムです。株式会社NTTデータ提供のSecureSeal®standardサービスを利用して、電子カルテの原本性を証明し、医療機関の説明責任の欲求に応えます。

Qualisに関するお問い合わせはコチラ

営業所一覧へ