事例紹介

内科・小児科・皮膚科

医療法人社団鉄医会 ナビタスクリニック川崎様
(神奈川県川崎市)

医療法人社団鉄医会 ナビタスクリニック川崎様(神奈川県川崎市)

「駅ナカ」で夜9時(平日)まで診療。
保育園・幼稚園帰りや仕事帰りにも気軽に
立ち寄れるクリニックです。
電子カルテは、この新しい診療スタイルに
迅速・的確に対応してくれます。

「すべての人にとって《良い医療》を提供し、社会に貢献する」。この鉄医会の理念のもと、JR川崎駅に直結する「アトレ川崎」の8階に、2012年5月に開院したのがナビタスクリニック川崎。「駅から近く、平日は夜9時まで診療しているので保育園・幼稚園帰りや仕事帰りに気軽に立ち寄れること、小児科、内科、皮膚科の3科があるので家族で受診できること、予防医療に力を入れていること」など、主として川崎駅周辺や沿線で働く方とそのお子さんたちの何とも頼れる存在となっています。それまで使用していた大手レセコンメーカーの電子カルテは頻繁にフリーズが発生したため、2017年5月にQualis(クオリス)へ切り替えたそうです。「数社のシステムを検討し、実際に2社にデモをしてもらってスタッフの意見も取り入れた上で決定しました。やはり検査会社のBML製だから検査のオーダーや結果が迅速・的確であることと、使いやすいということが一番です」(河野一樹院長)
現在、受付に5台、6つの診察室に各1台、小児科処置室と内科処置室に2台ずつ、事務室に2台の合計17台で運用。これからさらに疾患の予防法・健康法などの情報提供に力を入れ、同じ鉄医会に属するナビタスクリニック立川・ナビタスクリニック新宿と連携して、地域の医療機関として一層の役割が期待される同クリニック。Qualisの役割も、ますます重要になってまいります。
『文藝春秋』2018年3月号

導入事例

デモのお申込み・お問い合わせはコチラ

営業所一覧へ