事例紹介

内科・皮膚科・臨床検査科

かがやきクリニック川口様(埼玉県川口市)

かがやきクリニック川口様(埼玉県川口市)

地域の日々の暮らしに「輝き」を!
医療のプロとして健康をサポートするうえで、
電子カルテのパワーを駆使しています。

JR京浜東北線の西川口駅東口から徒歩5分という住宅地に位置するクリニック。東京医科大学病院内科勤務を経て、各施設でさまざまな介護や訪問診療に携わるなど豊富な臨床実績をもとに、腰原公人院長が2015年6月に開院された「かがやきクリニック川口」です。その名称が示すごとく、地域の患者さんの日々の暮らしが「輝く」ことを目標に、医療・介護の視点から総合的な診療活動を展開、患者さんの熱い期待に応えています。開院と同時に導入したのがBMLの電子カルテシステムQualis(クオリス)。「まず検査結果と内服薬をグラフ化できる複合的な機能を兼ね備えていたこと。また現在と過去の画面を1画面上にサマライズして同時に見たいという当方の要望に応えてアレンジしてくれたことがポイントですね」(院長)。さらに特筆すべきは、患者さんがスマホで自らの検査データを管理できるサービスを加えたこと。BMLと(株)エムティーアイが開発したシステムで、これによりドクターと患者さんが検査データを共有できるという信頼の絆が一層強まっています。
現在、受付に1台、2つの診療室に各1台ずつ、処置室に1台、往診用に1台(iPad)という構成でQualisをご活用。地域の健康サポートに情熱を燃やす同クリニックのため、電子カルテの新しい運用法に期待がふくらみます。
『文藝春秋』2017年1月号

導入事例

デモのお申込み・お問い合わせはコチラ

営業所一覧へ