事例紹介

整形外科・リハビリテーション科

いえだ整形外科リハビリクリニック様 (愛知県知多市)

いえだ整形外科リハビリクリニック様(愛知県知多市)

健康寿命を延ばして地域の活性化に貢献を!
患者さんの運動器疾患の治療に万全を期す上で、
電子カルテは力強いパートナーに
なってくれます。

名鉄常滑線の朝倉駅から車で5分ほどの住宅地に構える瀟洒な2階建て。家田靖久院長が2013年6月に開設されたこのクリニックは、入り口から院内まで段差なしのバリアフリーとなっており、リハビリ室には先進の各種治療機器・運動機器を完備。高齢者の患者さんが多い土地柄とあって、院長の掲げる「健康寿命を延ばす」をテーマに、若いスタッフ(看護師・放射線技師・理学療法士・アスレチックトレーナー)による見事なチームワークのもと、患者さんの運動器疾患の保存療法に尽力しています。開設に合わせて導入したのがBMLの電子カルテシステムQualis(クオリス)。「とにかく使いやすい、速いというのが身上ですね。最新のデジタル・レントゲンシステムとの連動性がよく、患者さんに“えっ、もう見られるんですか!”と驚かれることもしばしば。もちろん医師・看護師・事務の間でスムーズに情報共有ができるので治療上大いに役立っています」(院長)。
現在、2つの診察室に1台ずつ、受付に2台、リハビリ室に1台の計5台の構成でQualisをご活用。「健康寿命を延ばすことは、高齢者だけにとどまらず、三世代にわたって地元の活性化につながる」との信念を持つ院長。その熱意に応えて治療活動に邁進する同クリニックのために、BMLの電子カルテは惜しみなき応援を続けてまいります。
『文藝春秋』2016年7月号

導入事例

デモのお申込み・お問い合わせはコチラ

営業所一覧へ