事例紹介

小児科・発達(子育て)相談外来

はやしま小児科様 (兵庫県西宮市)

ならばやしこども様(兵庫県西宮市)

「親子で笑顔に幸せに」を旗印に、
子どもたちとお母さんのための医療を提供。
画期的な電子カルテシステムが
力強く応援してくれます。

阪急今津線の門戸厄神駅から車で約6分、阪急神戸線の西宮北口駅から車で約7分という住宅地。「親子で笑顔に幸せに~すべては子どもたちとお母さんのために~」を医療理念に掲げ、2016年10月に開院したばかりの「はやしま小児科」です。発達障害を始め、子どもの病気を診ることはもちろんのこと、それらの症状からくる生活や将来の不安を少しでも和らげ、明るく楽しく生活をしていただけるお手伝いすることを目標にしています。開院と同時に目覚ましく活躍するのがBMLの電子カルテシステムQualis(クオリス)。「まず自由診療画面から保険診療画面にボタン一つで切り替えられることが魅力。さらに特筆したいのは、フクダ電子株式会社の電子カルテ連携ソフト『GATE-LINK』を導入することで、院内の検査機器(血球計測装置や尿検査装置、血糖検査装置など)と連携して、今まで手入力していた検査結果を電子カルテへ自動的に入力できるという画期的なシステムを付加できたことですね」(早島 禎幸院長)
受付に1台、2つの診察室に各1台、発達相談室に2台の計5台という構成でQualisを運用。「発達障害を診るクリニック」として院内の寛げる雰囲気のなかで、スタッフ一同がBMLの頼もしい電子カルテシステムをお伴に、今日も子どもたちとお母さんの来院を温かく待ち受けています。
『文藝春秋』2017年3月号

導入事例

デモのお申込み・お問い合わせはコチラ

営業所一覧へ